はてなブックマークに追加
Twitterでシェア
Facebookでシェア
Google+でシェア
LINEで送る

エッセンシャルオイル図鑑 ユーカリ・グロブルス

2015/08/31(月)

エッセンシャルオイル 精油 ユーカリ
アロマ暮らし 宮本 バナー

みなさま、ごきげんよう

AEAJアロマテラピーアドバイザーと検定保持者がいるお店【アロマ暮らし】

のスタッフ、宮本です。

 

<アロマ暮らし流エッセンシャルオイル図鑑>

 

今回はユーカリについてご紹介いたします。

 

ユーカリには数多くの品種があるのですが、精油として使われるのは4種類程度です。

今回はその中で最も一般的なユーカリ・グロブルスについてご紹介いたします。

 

■ユーカリ・グロブルス■

 


生活の木 精油 ユーカリ

原産国 オーストラリア
学名 Eucalyptus globulus
抽出部位 葉・枝
抽出方法 水蒸気蒸留法
適用途・備考 芳香浴・マッサージ

※ユーカリは何百も種類がある木です。その内精油として使いやすい4種類を「アロマ暮らし」では販売しています。

 

ユーカリといえば、まず思い浮かぶのは「コアラの主食」ですよね。

そして、コアラといえばオーストラリア。

 

オーストラリアの先住民、アボリジニ達はユーカリを傷薬や虫刺され、伝染病などの薬草として使っていた歴史があるそうです。

 

余談ですが、ユーカリには毒素があり食べることはできません。(精油に関しても飲用はしないこと 芳香浴には問題ありません)

 

しかし、コアラにはこの毒素を分解する酵素があるため、ユーカリを食べることができるそうです。

また、コアラがほとんど動かないのは、ユーカリの消化に時間がかかるのと、栄養価の低いユーカリを主食にするため無駄なエネルギーの消費を避けているためなんだそうです。

 

ちなみに、稀にティートゥリーも食べるのだとか。

 

コアラの生活自体がアロマテラピーですね。(笑

■香りの特徴■ ※品種によって、成分が変わるため香りや効果が異なります。

1,8-シネオール:70~80%くらいで、α-ピネン:10~15%ほどです。

ツンとするカンファー臭が鼻に通りすっきりとした印象です。

精油に使われる中では、一番メジャーなユーカリです。

■香りの持続性■ トップノート:立ち上がりの早い香り。30分~2時間程度持続。
■ブレンドの相性■ 香りが強いので、ユーカリを少なめで他で合わせると良いでしょう。鼻風邪にユーカリとティートゥリーのブレンドはいかがでしょうか。

 

相性の良い精油(例):

ローズマリー、ティートゥリー、ラベンダー、マジョラム、コリアンダー、レモン、メリッサ、レモングラス、

ジュニパー 等

■こんな時に(芳香浴)■ ・スッキリする香りで集中力アップ。

・精神的に疲れたなぁという時に、心に余裕をくれそうな香り。

・鼻がスッとする香り。

・シャンプーにブレンドするとスッとして皮脂に良いでしょう。

■諸注意■ ※内服・飲用してはいけません。
※刺激が強いので、適量でご使用下さい。

 

【実際に芳香浴で香りを楽しんでみました】

ペパーミントの爽快感とはまた違った、スッキリとした香りが楽しめます。

いや、スッキリというよりかは、「シャキーン!!」といった表現が正しいかもしれません。

ミントよりも若干、薬草や薬品的な香りの印象をもちました。

芳香持続時間はあまり長くありません。拡散力が非常に強いのであっという間に広がってしまう感じです。

また、刺激も強めなので、手に付着したまま放っておくとヒリヒリしてきます。洗い流してください。

ブレンドする際は、容量は少なめでもいいかもしれませんね。

 

実用例としては、ユーカリを使ったアロマシャンプーはいかかですか?

 

〔用意するもの〕

・ユーカリ精油

・市販のシャンプー(なるべく無添加のもの)

 

〔作り方〕

・シャンプーに精油を混ぜるだけ!

 

〔分量の目安〕

100mlのシャンプーに対して、最大でも10滴程度のブレンドがおすすめです。

刺激が強いので、用量は守ってくださいね。

 

ぜひお試しください!

カテゴリー エッセンシャルオイル図鑑
instagram